道の駅で許せない行為に遭遇。


さて、

この時期になると、車中泊のマナー違反について
テレビやブログで画像を多く見かける。

因みにオイラ、そう言う光景を見かけると。
わざと近くまで行って「ガン見」します(笑)

そう言えば、絶対許せなかった事があったのだが、
以前、北海道旅行中にとある道の駅での出来事で
夕方、トイレ休憩で道の駅に立ち寄った。
広い駐車場は半分位埋まっており、
我が家の当時クレソンと他キャブコンが1台。
後は一般車両。

そのキャブコンの横には人は居なかったのだが
既にお店を開いていた。

オイラがトイレに行こうとしたら
丁度、前方に車椅子で初老の夫婦。
奥様が車椅子でご主人がサポートをしていた。

追い抜いてトイレに入り
しばらくするとそのご主人が入ってきて
個室に入っていった。

外に出ると奥様が多目的トイレの前にいたのだが
扉がちょっと開いているのに待っている様子だったので
入れない?かと思い余計なお世話かも知れないが
声をかけてみたら、もうすぐ終わるそうなので
待っているとの事。

で、引き戸の隙間から覗いたら、
60過ぎのばあさんが化粧をしていて、
もう一人誰かが入っている様子だった。

「ちょっと、車いすの方が待っているので」

と声を掛けたら、

「だからもう少しで終わるんだから待っててよ!」

と予想もしていなかった言葉が返ってきたので

「化粧は一般トイレでもできますよね?」

と言ったら

「多目的トイレを使ってはいけないと言う
決まりは無いでしょ!早い者勝ち!」

と凄い剣幕で言われたので

「カチーン!」

「多目的トイレは確かに健常者が使ってはいけないと
言う決まりは無いかもしれないけど
今こうして、その場所を必要としている人がいれば
譲るべきでしょ?」

そしたら溜息だか鼻息つきながらプンプン出て行った。

何で皆、溜息つくんでしょう?(笑)

と思ったら中からトイレの汚水タンクを持った
おっちゃんが、小走りで出て行こうとしたので

「チョット待って、チョット待って、おじいさ〜ん」(笑)

シメました。じゃなくてちゃんと注意しました。

別にそこまでは言ってないんだけど
テーブルとか片づけて出て行ったけど
何か悪いことしたかなぁ〜(笑)

まぁ〜2人ともオイラなんかより全然年上だったのだが、
前にブログのコメントに、
"今何されるかわからないから危険ですよ。"と
書かれた事があったが、
同じキャンカー乗りにマナーが悪い輩がいても
そこまでの悪人は居ないと思っているオイラです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

とある温泉旅館。


さて、

先日と言うかだいぶ前の伊豆の記事で

>日帰り温泉はとある温泉旅館を使ったのだが
>みなさんにはあまり行って欲しくないので
>書きません(笑)
>亀萬、物申しました(笑)
>詳細はまた次回にでも。


と書いたのだが
その後、何件か問い合わせのメールが届き、
その方々には返信したのだが、

忘れた頃にDMが届くのでだいぶ経ったのだが
詳細を。

旅前にはホームページで温泉を予めピックアップし
明らかに充分停める駐車場があれば直接向かうが
不安な時は事前に問い合わせをする。

2m・5m・3mのキャンピングカーを停められるか?

事前に連絡したらOKとの事だったが
日時、名前を聞かれ、
当日来る30分前にも連絡をして欲しいと言う事で
連絡をしてから向かった。

駐車場は10台位停められるスペース。
2〜3台も停まっていたが邪魔にならない様に
壁際ギリギリに停めキーを預けなければならない
システムらしくキーも預けた。

30分位して自分が出てきたらまず、

「あ〜。やっと出てきた。」

何かありました?

と聞いたら不愛想に

誰かさんみたいに「別に・・・。」

て車内で待っていると
さっきの従業員が

「出たのならば早く車出して下さい!」

まぁ〜この時点でさっきからの言い方にムカッと
来ているのだが(笑)

あと5分位で妻が出てくると思うので
もう少し停めさせて下さい。

と丁重に言ったら、

「19時から宴会があってこれから車の出入り多く
なるから5分後には必ずどかして下さいよ!」

で、捨て台詞かの様に去り際

「デカイから邪魔なんだよなぁ〜、チッ!」

そもそも宴会に車で乗りつけるのも
いかがなものかと思うのだが、

とうとうスイッチが入った。(笑)

で、冷静に淡々と、

その言い方は失礼では無いですか?
じゃあ〜何のために事前確認と、
日時、名前、行く前にも連絡しているのだから、
そもそもその時の電話対応はあなたですよね?
だったら夕方向かう前に電話した時断ってくれれば
お互いに悪い気分にはならないですよね?

そしたら

「何だったら返金しましょうか!」

内心、マジか!である。

入浴したので返金して貰おうなんて
思っていません。

そのうち女将が出てきて、事情を話したら

「この人、パートでまだ慣れていないので、
反省していると思うので許して上げて下さい。
私の方からも注意しておきますので」

もうオイラは開いた口が塞がらないと
言う感じだったのだが女将にこう言った。

それおかしくないですか?

「・・・・・。」

何がおかしいかわかりますか?

「・・・・・。」

その言葉は私が許す時に使う言葉ですよね?
それを貴方が言ってどうするんですか?
さっきからずっと黙っているし、
だったら責任者である貴方がゴメンなさいの
一言くらい言いますよね?
それもしようともしない。
結局、お二人とも変な客が因縁つけている位にしか
思っていないんですよ。

ここで初めて2人が不愉快な思いをさせて
すみませんでしたと言われた。

今まで10数年キャンピングカーで旅をして
この様なケースは初めてだ。

だが今まで絶対に許せなかった事が1つある。

それはまた次の機会に。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
 


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

NINJA Tools

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM