カムロード我が家の締め付けトルクは・・・。

さて、

 

先日FFヒーターを稼動させた時、
2〜3ヶ月ナットの増し締めをやっていなかったので行った。

 

カムロードの規定締め付けトルクは135N・mと言われて
いるので我が家も去年までは135N・mで締めていたが、
中には120N・m、150N・mで締めている方もいる様だが、
我が家は140N・m。

 

なぜ、140N・mにしているかと言うと、
キャンカー乗りの方は、エマーソンのトルクレンチを
使っている方が多いと思う。

 

 

我が家もそうなのだが、持っている人はおわかりだと思うが
135N・mに合わせずらくないですか?

 

合わせずらいと言うか目盛りが見えない。
オイラが老眼だから

なので合わせやすい140N・mにしているのだ。

 

でもキャンピングの場合、そのまま締めるとボディーに
当ってしまうのでエクステンションを装着するので
140N・mめると丁度いいかも?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


ランディのタイヤ交換【最終シーズン】

さて、

 

先日、タイヤ交換してきた。

 

 

昨年スタッドレスに交換する時、ホイルを洗浄して

保管しておいてもらったので表も裏もピカピカ。

センターキャップも放置しておくとすぐ錆びてしまうので

こちらは持ち帰り、プレクサスで磨いて保管。

 

そう言えば今回初めて窒素ガスを充填してもらった。

今シーズンで3シーズン目になるので次の交換は

ブリジストン以外のタイヤにしてみようかと思う。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 


タイヤ空気圧のチェック。

さて、

 

タイヤの空気圧の点検は日頃からしていると思いますが

 

いつも行くGSには持ち運びタイプと据置タイプの空気入れがある。
持ち運びタイプはその場で現在どの位の圧が入っているのか確認でき
「+」「−」で増減できるのだが、
必ずと言っていほど途中でエアーを設置場所に重鎮しにいかないと
ならないので何気に不便。

 

 

 

なので数年前からは予めエアゲージで確認して据置タイプを使っている。
ダイヤルで規定値に合わせ指定空気圧に達すると「チーンッ」と合図してくれる。

 

 

先日「へぇ〜」と思う機材を目にした。
既にあったのかもしれないが・・・。

近所に隣同士でコンビニ&セルフGSがオープンし
駐車場も兼用になっているのだが、
はじめ室内掃除機の機械なのか?と思って見たら"デジタル式の空気入れ"
早速使ってみた。

 

 

エアゲージで確認して少なければ直ぐに行けるのでありがたい。
このGSがEN●OSだったらもっとありがたい(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


ランディのスタッドレス&ホイル装着。

さて、

 

昨日、ランディのホイル&スタッドレスタイヤを

装着してきた。

 

前の記事でも紹介したが、今回のホイル、

見た目ゴツく見栄えも悪く、

錆びにくいがウリなのか明らかにホイルに輝きがなく

コートされている感じなのだが、

 

 

今シーズンもこんな所に行くので

長く履かせるにはいいかな。

 

 

前のホイルー毎シーズンこんな所に行って

10年以上も使えたので、今回のホイルも期待は大きい。

 

 

ちなみに今回のホイル。

 

DUNLOP

WILD CRUISING  NT01

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


スタッドレス&ホイル発注完了。

さて、

 

スタッドレス&ホイルの発注が完了した。
ホイールは12年使用し所々、剥がれや、白錆びが発生しており
タイヤ屋も10年以上履かせてこの程度は持った方、と言われた。

 

今回悩んだホイール候補は3点。

 

●ベアロック DD 

●X4ハイライダー(シルバー)

●キラーフォース

X4ハイライダーのブラックは現在、V社でも販売されているが
タイヤ屋に言わせると普通車でボリッシュ系にスタッドレスに
履き替える方が結構いるそうだが、
どうしても入念に手入れしないと、
塩カルだけでも錆びやすく1シーズンで白錆びが発生するので
避けた方が良いのでは?

と言う事でシルバーを候補にした。

で、やはり3商品で見積をお願いしたら連絡があり、
カムロードのハブ径106个紡个靴匹譴110个噺世Δ里
センターキャップを入れても・・・。

商品に関してメーカーに問い合わせてカムロードにはどうか?色々

聞いてくれたそうなのだがこまめに増し締めをしてもやはり販売

する側としてはどれもお勧めできないと言う結論になったとの事だった。

 

どうしてもと言うなら取り付けますが・・・。

この辺がやはりビルダー、我々オーナーと認識が違う。

 

そこで提案されたのがこれはどうでしょう?
ハブ径も夏タイヤホイールと同じ108个妊札鵐拭璽ャップを
入れれば少なくても3商品よりは良いと思うのですが・・・・。
また、今まで履いていたキラーフィールドもお手入れしていたので
ここまで持ったと思いますが見映えは3商品に比べるとゴツくて
正直悪いですが、"錆びにくい"が売りで雪国仕様で特殊加工されて

いるので錆びに強いです。

 

最終的に選んだのは

ダンロップ
WILD CRUISING NT01

15X6J+33  6穴139.7  JWL-T 990KG対応

今月中に取り付けに行かなければ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


スタッドレス&ホイル交換。

さて、

 

今年はスタッドレスの交換時期。

我が家はシーズンになるとスノーシューで

雪国へガンガン行くので、

 

ランディで1シーズン履いたのだがクレソンから引き継いで
4シーズン履いたので今年交換しようと思っている。

 

毎回預ける時と装着する時にタイヤ&ホイルチェックをするのだが
今年預けるときにタイヤ屋が

 

「ホイルの表面が数ヶ所剥がれてきている」

 

と指摘され

 

「補修も可能だがキャンピングなので新規購入をお勧めします」

 

との事だった。

 

今、スタッドレスにはキラーフィールド(キラーフォースの前型)を装着
しているのだが、クレソンの時から最初の数年は夏冬流用して履かせて、
ここ数年はシーズン毎とは言え今年で13シーズン目。

 

充分役目は果たしたかなと言う感じでホイルも交換しようと思っている。

 

悩みどころは、よく騒がれているハブ径なのだ。

 

ホイル交換となれば、カムロードにピッタリ合うホイルは無いと言って
良いのでいろいろと模索していたのだが、
久しぶりに調べたら"カムロードにお勧め"と言われている
社外品のホイルのハブ径はカムロードの106mmに対して110mmが多い。

 

キラーフィールドの後継種のキラーホースも110mm。
ハブリングを入れれば解決するのだろうが、タイヤ屋に慎重にタイヤ交換は
するのだがタイヤ交換時に付着してハブリングが
破損してしまう事も・・・。と言われている。

 

ちなみに今履かせている夏用ホイルはタイサンなのだが108mmなので
2mmの差はあるがセンターキャップを入れているので
その厚みがハブ径との差は縮んでいる?と思われる。

 

どれにするか?

 

●現在のタイサンにスタッドレスに履かせる。

 

●ブロ友の「気梨 桂さん」の様にヤフオクでハブ径が106mmの
 程度の良いハイエースの取り外しホイルを落札する。

 

●社外品のホイルで破損承知でハブリングを装着する。

 

今週中には決めて発注しなければ・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


青棒ってそんなにいいのかなぁ〜。


さて、

先日、V社埼玉店に行きケミカル用品を
購入してきた。

ランディになっってからは匂いがキツく無いとの
ことでこれを使っていたのだが、



エクストラケア(洗浄用)は指定通りに水で薄めているのだが
温かい日とかだと便器周りが黒ずんでくるし、
パワーケアはトイレットペーパーが溶けにくく、
排水してシャカシャカすると終わりがないのか?と
言うくらいカスがたんまりと出てくるので
クレソンの時にずっと使っていたアクアケム&リンスを購入した。


しかしながら匂いは上商品に比べキツいのが
気に入らないのだが・・・・・。

その時、青棒の事を聞いたのだが、
そんなに有ると無いとでは違うのか?
食いついてきた的な事を言われ・・・(笑)

結論を言ってしまうと全然違うとの事。

LTキャンパーズさんのサイト見ると
快適な走行安定性アップの強化パーツと
高速道路の進入時やカーブで違いがわかる!!!
と説明書きがあったが、イメージが伝わって来ない。
もっと簡潔に教えてもらいたいのだ。

例えば、
クレソンは"どノーマル"だったので

ノーマルショックからランチョに変えたら
"チンサム気味"だったのが"カッチリ気味"

"ノーマルタイヤ"からサイズを変えたら
高速で"ほろ酔い走行"から何とか"シラフ走行"

"ランチョ"から"ビルシュタイン"に変えたら
高速のつなぎ目とかでは
"ガツン!"から"シュタッ!"

って言う感じ。

で、青棒はどんな感じなのか?

ガチッ!とか?

まぁ〜とにかく全然違うらしいので取り付け検討中。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー

ランディのトルク締め付け具合のつづき。


さて、

前回の記事でトルクの締め付け値で色々情報を
いただきました。
ネットでも調べてみたのですが、
一体、いくつで締めれば良いのか悩みますね。

そこで、この人に聞いてみました。
クレソンからずっとお世話になっている、
地元のトラック専門のくるま屋、熊沢モータースさん。

クレソンの時、アルミを履かした時、そもそもトラックには
鉄チンだよ。
と否定的な話をしていたなぁ〜(笑)

で、

回答はと言うと、

キャンピングは特殊車で、そもそも正規の既定値は無いから
アルミでも鉄チンでも違いはほとんど無いと思う。

基本的に鉄チンの方が強度的には抜群に決まっているし
カムロードは鉄チンが基本で標準。、

一方、見た目重視だけのアルミは材質が柔らかく
キャンピングの様に重い車には適さない。

柔らかいからトルクも少なめにすると緩んで脱落しても
不思議では無いし、
長距離走行後、トルクが折れたり、緩んだりする前例が
そんなにあるのならば、135Nmが締めすぎでは無いと思う。

との事だった。

我が家も135Nmで締めようと思っていますが
やはり定期的にチェックして自己責任と言う事ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー

ランディのタイヤ交換&トルクの締め付け具合。


さて、

日曜日に、スタッドレスからノーマルタイヤに交換してきた。
タイヤ屋のアンちゃんはいつもタイヤやホイルの事を事細かく
説明してくれるのだが、今回はハブボルトの件も問い合わせて
いたので電話もあったのだが詳細はタイヤ交換の時にと色々と
説明してくれた。



今まで、うちのキャンピングカーはどれ位で締めているの?
ネットとかで調べると135N・mみたいなのでそれでお願いしたいんだけど。

イヤイヤ、135N・mは締めすぎですよ。
純正スチールホイルでハブ径がぴったりなら135N・mで締めますが、
社外ホイルでハブ径が若干合わない場合、カムロードのお客さんは
120N・mで締めています。そのあと延々とその理由を説明されたのだが
肝心な所をもうすっかり、うる覚えになっているオイラ(笑)

で、早速先日購入したトルクレンチで教わった。

一回、カチッとなったらそれでいいですから。
何度も繰り返す必要無いですからね。

これから定期的に「締めましたか?」メールを送信しますから。

そう言われれば今までスタッドレスの時も何回かサービスなので
増し締めにご来店下さいメールが届いてた。



久しぶりにエアモニも装着した。
一昨年納車後、取り付けていたのだが、
実は冬の裏磐梯に行った時、キャップ1個が寒さでか?センサーが
1個反応しなくなってしまったのだ。
保証期間だったので問い合わせたら新しく送ってくれてのだが
今シーズンスタッドレスではあえて装着なかった。

今までスタッドレス用ホイルはキラーフィールドを
履かせているのだがこのホイルはクレソンの時から使用していて
丁度10シーズンが終了。
預けるのに傷チェックを行うのだが今回もの凄くきれにいにお手入れ
している様ですが1か所5mm位表面が剥がれてきています。
早急にと言う訳では無いが、
経年とともにアルミホイルも腐食してくるので
補修するか10年履かせているのならば交換もお勧めするとの事だった。

偶然にもタイヤ屋からV社埼玉店が近いので立ち寄ってきた。
店長に埼玉店では新車購入時はじめから社外アルミを装着する場合
締め付けはどの位なのか?確認すると、やはり120N・mだそうだ。
これで様子を見ようと思っている。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー

ホイールメーカー「ウッドベルジャパン」解体。


さて、

先日、ブロ友のまろパパさんが、

ハブボルトが折れてしまった。と言う記事を読んで

我が家も早速トルクレンチを購入した。

クレソンの時、バーストは2度経験しているのだが

その際、持ち込んだタイヤ屋のご主人が、

バーストもそうなんだけど、特にアルミを履かせている
キャンピングはハブボルトが折れてしまう事があるので、
わざわざ購入する事は無いけど、1ヶ月に1回くらいは
給油時、GSで工具借りて増し締めした方がいいですよ!

と言われた事がある。

確かに10数年前は他ブログでもバーストの記事は
頻繁に見かけたがこのハブボルトが折れてしまうと
言う記事はあまり見覚えがない。

我が家も、まろパパさんと同じWoodBell製タイサンホイルなので



今週末、夏タイヤに履き替えする事もあり、ハブリングを
取付ようと思いV社埼玉店の外山さんに相談してみた。
余談だが最近、店長ではなく外山さんに相談する事が多い。
やはり、若手を我々も一緒になって育てなければ(笑)

相当この件に関しては勉強していたらしく

タイサンホイルの場合、
センターキャップを装着していると2mmのハブリングを
入れると思われるが、恐らく交換時にハブリングが破損してしまう
可能性があるので交換する技術マンは嫌がると思います。
センターキャップは隙間を狭くするために装着して小まめに
増し締めをした方が良いです。

一方、いつもお願いしているタイヤ屋では。

カムロード乗りのお客さんは何人かいますが緩みやすいのか
特に社外製ホイルの方には月に一回増し締めを推奨しているのと、
タイヤ交換時ハブボルトの劣化状態をチェックする様にしています。
センターキャップを入れるとき、寸法から言えば隙間ができるはず
ですが、かなりきついので有り無しで確かに違うと思います。
既製品、もしくは特注でハブリングで対応できるのですが、
キャンピングカーの方は短期間で相当の距離を走られるので
交換時かなりきつくなってしまい破損してしまう事もあり了承して
いただければ。
次ホイル交換する時はスチールホイルをお勧めします。

との事だった。

でもタイサンホイルはクレソン最後の年に購入したので新しい。
やはり自己責任でと言う事ですね。

WoodBell製のセンターキャップはすぐ錆びてしまい
昨年ランディに装着した時はタイサンホイル同様2シーズン目なのに
既に表面は全体的に錆びだらけ。
同メーカーの方が良いと思ったので新しいセンターキャップを購入しようと
思ったのだが色々店舗にも問い合わせたのだが売っていない。
なぜだ?と思いながら散々探しても見つからないので
V社埼玉店でも探してもらったのだがやはり取扱店が見つからず
店長からの連絡で判明した事が・・・・・。

ホイールのメーカー「ウッドベルジャパン」
ホイール事業部が解体!撤退です!


どうりで無い筈だ。それでも探し何とか北海道のタイヤショップに在庫があり
無事購入できた。



でも1年もすれば再び錆びてボロボロになってしまうので次どうしょうかなぁ〜。
と思っていたら
桐生店長、次の手を考えてくれていました。

スタッドレスのホイルはキラーフィールドでクレソンの時から
使用しているので次シーズンはスタッドレスを交換するし
ホイルもスチールに戻そうかなぁ〜。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NINJA Tools

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM