裏磐梯で雪道走行に思い知らされたVol.3【やはりチェーンは必須】

さて、

 

今回の裏磐梯は貴重な経験となった。

 

今まで、

普通車でスタックしていたり観光バスが雪道で滑って脱輪し乗客が
降ろされたりしている光景を幾度となく見かけ、
数年前の記事コメント、質問メールの内容を読み返すと、
自分はシーズン中、カムロードはやはりチェーン装着は推奨する考えである。

 

路面状況も日によって異なるので、

 

"おそらく大丈夫だと思う"と言う様な

曖昧な発言もしない様に心がけている。

 

よく、
スタッドレスに履き替え、"チェーンは保険で"とか”緊急用で”
と言うオーナさんもいるが個人的にこの考えは全く無い。

 

そもそもチェーンを装着するには安全なスペースを確保

しなければならないのと、
捲かなければならなくなった状況になった場合の事を考えると、
チェーン装着場はどこにでもある訳ではないし、


それこそ立往生してチェーンを装着すると言う行為は後続車にも
迷惑がかかる。
自分は"予め装着することが保険"と言う考えである。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


裏磐梯で雪道走行に思い知らされたVol.2【緩む雪に要注意】

さて、

 

滞在中は夕方から朝方にかけては結構雪も降り、

昼間は比較的天気が良い。と言う繰り返しだったのだが、

チェックアウト後、桧原湖に立ち寄り、
昼前に郡山方面に一般道で向かう事にした。
北塩原村は積雪はあるもの除雪はされており、
猪苗代湖に近付くに連れ路面が出ている所もあったので、
いつものチェーン脱着場で"チェーンを外した"

 

この場所で10年以上そうやって来ているので

特に何も考えなかったのだが"これが失敗だった"

 

猪苗代磐梯高原ICに近付くにつれ除雪が追いついていないのか
全く除雪がされておらず、
今度は緩んだ雪でスタックして動けなくなる車両が多く見られた。

 

ランディもかなりお尻をフッており、あと少しで"道の駅裏磐梯"

だったので避難しようと思ったのだが、
皆考える事は同じで平日で駅内は空いていたものの、
雪がぬかるみ既に入口で動けない車も数台見かけたので
そのまま走る事にした。

 

幸運にも湖畔付近は既に除雪作業も済んでいて初日とは打って変わり

難を逃れた。
 

クレソンからキャンピングカーで長野、群馬、栃木、福島、岐阜、富山と

シーズン中の雪国訪問は14年間続いているが、
 

以前、年末に白川郷へ行った時、数年ぶりの豪雪に見事にかち合い
走行中も流石に焦ったのだが、温泉から出た後、
隣接する"道の駅飛騨白山"で様子見をしていたら、
駅のスタッフに"これからどちらへ?"と声を掛けられ
"白川郷方面へ"と伝えると、

 

"地元の人間もこんな日は車には乗らないので、
早朝に除雪車が入るからキャンピングカーならこのまま朝まで
大人しく待機した方が良いとアドバイスとココに停めるとそんなに
雪も吹き込まないし除雪車が入っても移動しなくていいから"

と親切に教えていただいた。

 

 

いつも凍結ばかりを気にしていたのだが、今回は"緩む雪も要注意!"と、

貴重な経験となった。

 

つづく

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


裏磐梯で雪道走行に思い知らされたVol.1【地吹雪】

さて、

 

旅中にも少し触れたが今年の裏磐梯は雪道走行に
焦りと不安さえ感じる旅となった。

 

深夜に出発し東北道のSAでP泊。
翌朝、東北道・郡山付近からチェーン規制になっており、
例年、チェーンは捲くものの慎重に運転すればそれほど
危機感はなかったのだが今年は違った。

 

磐越道に入ると"降雪、積雪&猛吹雪。"

 

上り線では事故で渋滞が始まっており、
ひょっとしたら上下線通行止めになるのでは?

と言う様な状況。

 

何とか"五百川PA"に到着し、ほとんどの車がチェーンの

装着作業を行っていたが、とにかく悪天候でチェーンを

捲くことすら一苦労。

 

何とか装着したものの"地吹雪"で前が全く見えず、
しばらく待機し頃合いを見て出発。

 

とにかくこの日の磐越道は"降雪と地吹雪の巣"

スタックして路肩で立ち往生している車両もあり、

 

我が家は何とか通常より、かなりの時間を要し

"猪苗代磐梯高原IC"に到着した。

今回はペンション泊なのだが雪国へ行く度、万が一の為に
必ず現地で"ガソリンを満タン"にする。

 

給油のためいつも行く猪苗代湖畔沿いのGSに行ったのだが、
状況は更に悪くなる一方でいよいよ走る事さえ危険を感じる様な
状態となった。

 

GSから裏磐梯方面に向かい視界状況はだいぶ改善されたのだが、
とにかく積雪量が多く除雪も追いついていない状態で、
スタックしている車が道を塞いでいたりと路面状態はかなり悪い。

たまたま前方に除雪車が見え、そのまま車間を開けてゆっくり

後ろを走っていればちょっと安心。

なんて思っていたのも束の間。追い抜けの指示。

 

何とかペンションに到着したのだが、オーナーさんが
除雪作業をしており、今日チェックアウトしたお客さんは
磐越道が通行止めなる可能性があるので早々にチェックアウト

したそうだ。

 

その後"磐越道"は案の上"通行止め"になったのだが、

今回の往路は一言では言い表わせない経験をした。

 

つづく

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


スノーシュー帰りの洗車について。

まぁ〜
この前文に「最近物忘れがひどい亀萬です」と書こうと思い
その前にちょっとトイレへ行って戻ってきたら、
あれ?何書こうとしたんだっけ?既に忘れている亀萬です。
 

さて、

 

毎回、スノーシューの帰りに足回り&底面を洗車する様にしている。

 

これは、クレソンで散々懲りて、
初めての車検で防錆剤を底面一面に塗ってもらったのだが時既に遅しで
後はいかに長持ちさせるか?と言う状況だった。

 

ランディは納車後と昨年の車検時に行ったのだがそれでも若干ではあるが錆が
発生してきていた。

 

毎回、スノーシュー帰りはスプレー洗車ができるGSをキョロキョロしながら探し、

見当たらないと何気にストレスになり翌日自宅前でホースで流すのだが

毎年この時期になると"今年は高圧洗浄機買おう!"と思うのだが
夜に帰ってきて近所迷惑だし、休みの日はサッシ周りを洗うぞ!と
思ってもおそらくやらないだろうし

 

特に地方で頻繁に見かけるスプレー式コイン洗車が都内ではなかなか見当たらず、
あるにはあるのだが、入口に高さ制限バーが張られキャンピングカーは入らない。

 

高速は関越道だと高坂SAのGSにスプレー洗車機が2機設置されているが毎回大行列。

 

中央道を使ってスノーシューへ行った時は、最寄インターの一つ手前で降りて
帰り道なので問題無いのだがどうしても関越、東北道を使う方が多いのでどこか無いか?

ずっと探しようやっと見つけた。

 

 

しかも関越、外環練馬ICのすぐ近くでトラック用スプレー洗車機2台完備。
これで帰りに安心して洗車できる。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


今シーズン初のチェーン装着あれこれ。

まぁ〜
ジム終わりに駐車場でN-BOXを見たらボンネットが凹んでいたので
走って近付いたら光の影響で凹んでる様に見えただけだった。

慌てた亀萬です。

 

先日スノーシューへ行った時、チェーンを装着した。
道の駅から湯の丸高原まで15劼曚匹覆里世、

峠道は昨年、除雪&圧雪されスタッドレスのみでも大丈夫だった。

 

今回は先日の大雪が降ったので"どうだろ?"と思いつつも
特に問題無く上れていたのだが、しばらくすると徐々に雲行きが怪しくなり、

普通車両も低速でかなり慎重な運転。


まずい!1度停まったら上がれないかも?と不安が過り
チェーン装着場は過ぎてしまいこの先は恐らく無かったと記憶してい
たのだが丁度、緩やかな坂道で広いスペースがあり端に寄せ、
一度停まってみたら案の定、前に進む事は無かった・・・。

 

雪&凍結で路面カチカチ。

目的地手前3Kmでチェーン装着。

 

 

クレソン時代から2WD、スタッドレス&チェーン装備で
スノーシューをするため山間部へ行くのだが過去に4WDのランクルや

普通車両、バスの事故や立ち往生を何度も見てきた。

 

山間部と幹線道路とでは大きな違いがあるので
スタッドレスのみではなくチェーンの常備は必須と思っている。

 

現在使っているチェーンは以前も紹介したことがある「雪道楽」
今年で3シーズン目。

クレソンの時ノーマル&チェーンで蓼科に行った時、
ベーシックタイプのチェーンを使っていたのだが
2シーズン目で切れてしまい、たまたま近くにカーショップがあったので
暫定的に購入したのがこの「雪道楽」。


あくまでも暫定的だったので2シーズン位使えればいいかな?と思って
いたのだが、シーズンオフは防錆材を塗って保管し、
そもそも峠道になったら装着するという使い方だったので
酷い錆びや大きな摩耗もなく5シーズン使いランディになってから
新しい雪道楽に買い換えた。

 

ジャッキアップの必要も無くやはり峠道のくねくね上り坂は横滑りに強い
亀甲タイプの方が良いと思ったからだ。

 

長い間同じチェーンを使っているので慣れもあり短時間で装着できるが、

これもその時の状況によっては、困難な場合がある。

 

よく、メーカーは○分で一発簡単装着!と動画付きで紹介しているが、
動画は必ずと言っていいほど、取付方法がよくわかる様にアスファルトや

スタジオ?での動画なので、いとも簡単に取り付けられる様な感じだが、

 

実際、雪の上だとそうは行かず、ワンタッチタイプは概ねチェーンをタイヤの
裏側に回して上に持ち上げるタイプ。

 

・雪があると裏に回す時、雪にチェーンが埋まってしまう。

 

・現場ではタイヤとチェーンは濡れているのでタイヤとチェーンが密着してしまい

 上に持ち上げにくい。

 

・フックの取付側にに雪が詰まる、等々。

 

それでも、慣れてくれば両方で10分くらいで取り付けられる。

 

ただ、購入したら入念な取り付け練習はしておいた方が絶対に良い。

ぶっつけ本番は避けるべし。

寒い中取説を見ながら作業がうまくいかないとイライラしてくる

 

我が家も積んでいるが雪かき用の小型スコップもあると便利だ。

できれば、プラ製ではない方が良い。

タイヤ周辺の雪をかくとき、ガチガチの事も結構あるので。

 

 

それから、上下別々のカッパ。

これは取り付けるときタイヤの内側に手を入れたり膝をついたり

するので自分はウエアーの上から着て作業する。

 

取り付けの時はまだいいが、取り外すタイミングは路面が出ている、

もしくはグチャグチャ雪の状態だと思うので、確実に汚れる。

 

あと、ケツぞりも忘れずにね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


ランディ下回り防錆塗装。

さて、

 

先日の車検時、

シーズンに向けクレソンの時から車検前に行っている防錆塗装をお願いした。

 

 

前回は納車後すぐに施工してもらったのだが、
前シーズン雪国帰りにコイン洗車で入念に洗浄したつもりだったのだが

2年経過しているがやはり若干錆びが出てきているとの事だった。


 

まぁ〜クレソンの時は納車後、防錆を施していなかったので
ものの見事にワンシーズンで錆びだらけでマフラーも穴が空いてしまい(笑)

今回も綺麗に塗っていただいた。

 

 

青棒が黒棒になっていた。(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


ランディで雪道走行してみて。

さて、

今回2泊3日だったがランディの本格的な
雪国での走行をインプレすると、

●チェーン装着。

前回の鬼怒川で車体とタイヤの隙間がクレソンに比べ
狭いので取付に四苦八苦したが今回は予め十分な予習を
していたので(笑)難なく装着。
裏磐梯はカムロードの場合スタッドレスに過信せず
チェーンの携行がお勧めである。

●バックアイカメラ

こんなに積もってしまうと映像が真っ白で様子がわからない。

●ソーラー

時々晴れ間もあったが屋根に積もった雪をかかないと停車中の
ソーラー充電は望めない。

●スコップ

今回、初めてスコップを使用した。

●FFヒーター

ランディは床暖房にもなっているので足元も
非常に暖かい。

ランディの特徴とも言える、入り口からマルチルームに
続くFRPの床面は濡れたまま土足で上がれウェアについた
雪も気にせず着替えられる。

マルチルームにもFFヒータの吹出口があるので
扉を閉めればあっという間に乾燥できるのは
やはり特筆できる点である。

裏磐梯は除雪・圧雪の上、雪が積もっていくので
アイスバーンの上に雪が積もっている様な感じ。
安全運転を心がけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しています。
↓ポチッとしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー

ランディで雪道走行してみた。

まぁ〜詰めの甘い亀萬です。

さて、

クレソンの時からスタッドレスを履かせているが
チェーンも常備している。

我が家はスノーシューへ行く場合は必ずと言って峠道を
走るのでスタッドレス+チェーンが必須となっている。
スコップも念のため積んでいるがココ10年は使わなけれ
ばならない状況には遭遇していない。

今まで何度か、あと数100m(特に初めて行く所では)
上がれず一度下りてチェーンを装着してから再度と言う
のが頻繁にあったので、それ以降チェーン装着場が
あったり、他の車が下りてきて外している人に状況を
聞きながら装備する様にしている。

あとは、スキー場の送迎バスを見た時スタッドレスに
チェーンを捲いていたのを見て安心には変えられない
かなという感じで極力捲く様にしている。

今回も峠に差し掛かり、次第に路面状況が怪しくなって
きたので早速装着。

使っているチェーンは「雪道楽」。

クレソンの時から買い換えながら10年間使っているの
で慣れもあるのだが調子が良ければ左右5分程度で捲ける。

しかし詰めが甘かった(笑)

捲けない!

タイヤの下を回り込ませて上に引上げ引っかけるタイプ
なのだが何とか装着できたと言う感じだ。

もうこれは改善できないので仕方ないのだが取付困難の
理由はオイラ自身にあるのだ。

実はクレソンの場合、
リヤタイヤ部は開口が広くオイラのデカイ頭もスッポリと
入ってしまうのだ(笑)

一方、ランディは、と言うかV社のキャンカーは写真を見て
も多分全車種に言えると思うが引っかけるとき狭すぎて頭
どころか腕も入らない。

今まで通り簡単に装着するには腕を細くするしかないのだ(笑)

上から被せて下で止めるタイプがないか?
まぁ〜あったとしても、一昨年、その前まで使っていた
雪道楽が錆びが酷く切れてしまうかも?
と思い昨シーズン前に購入していたのだが昨年は
スノーシューへ行かなかったので実は今回卸したてなのだ。
とんだ落とし穴があった(笑)

しかもクレソンの時は一度も切れた事がなく結構丈夫。
しばらくは手に擦り傷を作りながら使おうと思っている。

実際に雪道走行した感想は

ランディは2WD、スタッドレス205/65/R15なのだが、
(これはクレソンも同じ)

路面状況や車重も違うので確信的な事は言えないが
クレソンと比べると若干、ケツがフラれる事が多いかな?
って言う感じだ。

クレソンはビルシュタインだったのだが
今はランチョ。その影響もあるのか?
来月また雪国へ行くので、
設定を変えれば少しくらい改善されるのか?
試してみるとする。



最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しています。
↓ポチッとしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
JUGEMテーマ:キャンピングカー

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories


Insta digest

recent comment

        

selected entries

        

archives

links

メールフォーム

profile

        

PV

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM