北の国へ2016〜蘇る記憶〜 =Returns=

 

さて、

 

キャンピングカーで11回目の北海道の旅も無事終了し、

今年の旅のサブタイトル、"蘇る記憶"

実は今回の旅の記憶ではない。旅の途中、リンの夢を見た。

 

われわれ夫婦、リン、キュートがランディで北海道旅行している夢だ。
リンが旅立って夢を見たのは2回目。
妻はまだ一度も夢に出てきてくれないらしい。

 

リンの写真、旅には遺骨ペンダントを常にランディ内に設置し、
天候にも恵まれ、どの年も思い入れがあり毎年北海道は期待を
裏切らないのだがリンと9回の渡道の中で、

いつも"あの年"の北海道旅行が一番良かった!

と言う年が2007年と2008年。

終わってみれば、まるでリンに引き連れられる様に巡った旅となった。

 

今年は一番最初に述べた様に、
"未曾有の台風被害"また"批判的な書き込み"もあったが、
終わってみれば天候にも恵まれ限られた期間の中で充分に
おながが満たされた旅となった。

 

フェリーに関しては、船舶もリニューアルされ船内も快適に
過ごせる様になったと思う。

 

但し、船が新しくなった事により"東日本フェリー時代"はペット連れの場合、
外との開放部の風通しの良いスペースに優先的に停めさせてもらえたのだが、
今の船舶の車両スペースはほぼ密閉状態。

 

往路はエアコンを26℃設定にして快適な状態で車内残留させたが
復路はあえてベンチレーターのみ稼働させ戻ってみると車内温度は32℃。

 

逆に昨年の大間は、同時期寒いくらいでエアコンどころかベンチレーターを
稼働する必要もないくらい涼しかったのだが、

 

青森便は積載車数トラック60台〜70台、普通車200台〜230台。
大間便は積載車数トラック20台、普通車60台。

 

大間便は圧倒的に積載車数は少ないものの、
基本的に津軽海峡フェリーは食料品輸送トラックは渡航中のエンジン
かけっぱなしが認められているので(一般車両はNG)乗船当日の温度湿度に
よって状況が大きく左右されると実感した。


帰りの車中では既に年末旅行の話題で持ちきりとなった。
過去2回、ナビでコース設定したものの、案内ルートの道幅が狭かったり、
このままホントに行ってしまって良いのだろうか?と怪しげな道。

2016年年末の旅は4年ぶり3回目の

 

「今年は広い道で案内してちょーだい!四国の旅」12/20(火)〜12/29(木)を予定。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.8

【2016/09/24(土)〜25(日)】   (倶知安〜函館〜青森〜東京)

 

さて、

 

天気もすっかり回復し、

今回の台風の影響で倒木があったとの事だが、

木が無くなった事により、部屋からも羊蹄山が望める様になったそうだ。

 

 

朝食を食しまた来年来ることを約束し函館に向かう。

いつも通り"ニセコビュープラザ"で野菜を購入。やはり今回の台風で品数は

少なく価格も高かった。

それでも東京より安価で購入できるので箱買い。

 

 

最後の給水で、ニセコ"甘露水"を汲みに行く。

この後は、函館に向い途中"ハーベスター八雲"に寄ろうと思ったのだが、

天気が良いので、前日にバラした"神仙沼"へ行くことにした。

 

 

●神仙沼

 

駐車場から木道が整備されているので、ゆっくり歩いて1時間〜1時間半景色を

見ながら楽しめる。

 

 

以前、確か2度訪れているのだが、1度は8月の晴天時だったのだが

緑が綺麗だった。

2度目は雨上がりの曇で沼全体が薄く霧がかかり正しく"神秘の沼"と言う感じだ。

 

今回は、紅葉前と言う事もあり全体的に黄金色に輝いていた。

 

 

神仙沼まで来たのでちょっと寄り道して"五色温泉橋展望台"に立ち寄った。

 

●五色温泉橋展望台

 

 

すぐ横には五色温泉があり数年前入ったことがあるが露天風呂で

アンヌプリとイワオヌプリの壮観な岩肌を見ながら温泉に浸かれるので

お勧めである。

 

17時半のフェリーに乗るため函館へ向かう。

15時に到着し、ラッキーピエロで腹ごしらえ。

 

 

オムライスハンバーグのせを注文。

このオムライス、レディースサイズなのだがそれでも

かなりボリュームがある。

 

乗船手続きを済ませ、お土産を購入し乗船。

帰りはブルーマーメイドでプライベートドッグルームが予約できたのでキュートも一緒。

出港前、交代でシャワーに行き、キュートは既に爆睡。

 

 

21時10分、予定どおりに青森FTに到着し、

1時過ぎまで走り途中、高速SAで普通に6時間就寝し

9月25日(日)15時に無事自宅に到着した。

 

 

中盤から後半にかけては前夜に行き先を決める旅となったが、

終わってみれば"おなかいっぱいの北海道の旅"となった。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.7

【2016/09/23(金)】   (新篠津〜倶知安)

 

さて、

 

あいにくの雨である。リンの時から10数年毎年会っている

友達に会いに札幌へ向かい

平日なので仕事前の朝散歩を一緒させていただいた。

お互い2代目のゴールデン。

 

イギリスゴールデンのエクル。

 

 

雨でびしょ濡れ、泥だらけになりながら大興奮。

奥様達はしゃべり倒した様子で、あっという間に時間が過ぎ

昼前に解散しランディでキュートの体を洗いす。

 

雨は酷くなる一方で午後からはニセコ周辺を観光しようと思ったのだが、

今回はバラして本日の宿泊地、倶知安に向かう。

 

ニセコに着く頃には雨も上がり10数年通っているが今回初めて

ミルク工房に立ち寄って見る。

 

 

清里の清泉寮と同じでどちらかと言うとシャリシャリ系。

ミルク工房を後にし、リンの時から北海道最後の夜は10数年お世話になっている

倶知安のプルーミンさんへ。

 

 

看板犬の"蛍"も出迎えてくれ、キュートはオーナーさんから鹿の角をプレゼントされ

我が家の様にリラックス。

夕食は"羊蹄山サラダ"を皮切りに次から次へと出てくる。

 

 

毎年来るのも楽しみなのだが、と言う事は北海道最後の夜になる。

翌日は函館に向かう。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.6

【2016/09/22(木)】   (小清水〜新篠津)

 

さて、

 

網走周辺を数ヶ所観光し、翌日リンの時からの友達に会うため、

新篠津へ長距離移動となる。

 

最初に向かったのが"能取湖"

 

 

能取湖と言えば毎年9月になると真っ赤に紅葉するサンゴ草群生地だが

見てガッカリ。

15年前、まだレンタカーで北海道旅行している時、

それからリンと一緒にクレソンで来た時、今回で3度目の来訪である。

 

 

以前は紅葉した真っ赤なサンゴ草がで埋め尽くされていたのだが、赤とは程遠く、

まるで枯れているような感じでそもそも、緑は無くもっと広範囲で真っ赤だったのだが・・・。

 

時期が少し遅かったか?と思いながら、とあるチラシを目にする。

 

"復活宣言"

 

能取湖サンゴ草群落の保全を図るため平成22年に園地整備を
行った結果、失敗してしまい群生地が縮小し現在回復に向け
取り組んでいる。
良かれと思った結果、人間の手によって悲惨な状況を生んでしまった
ことには間違えない。

是非、復活してもらいたいものだ。

 

●感動の径

 

オホーツク方面に来ると必ずこの道を通る。

オホーツク海や濤沸湖、知床連山の山々が一望できるのだがそれ以外は

特に何もない。

毎回、「のどかだなぁ〜」と思って走っていたがこの通りおそらく4〜5Km

続くが"感動の径"と言うらしい。

 

 

感動の径を抜け向かったのが、ひまわりが満開なはずの"朝日ヶ丘展望台"

数年前に来た時は夕方でちょうど網走湖方面が夕日になりイイ感じだったが・・・・。

 

 

今回はもう終わってしまったのか?台風の影響か?くたびれていた。

 

 

残念ながら退散しようと思い山側の下面を見たら、そろそろ終わりかな?と言う感じはするが

植えられていたので救われた気分だ。

 

 

さて、道東から道央へ一気に移動。

本来なら、留辺蘂〜層雲峡を抜け上川方面に行くのだが

今年は台風の影響で車線規制が行われているのと、銀泉台の紅葉時期にも重なり、

混雑が予想されるのでは?と思い遠回りだが、佐呂間〜遠軽方面から行く事にした。

 

この先は食べる所は無いのでは?と言う予感がしたので

ちょうど昼時、遠軽の味の時計台でラーメンを食しひたすら走り、

 

 

道の駅のドッグランでキュートのガス抜きとみんなで昼寝をし、

 

 

P泊地は温泉も併設されてい道の駅しんしのつに17時半に到着した。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

道の駅・・・しんしのつ

 

温泉・・・たっぷの湯

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ  まるせっぷ

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.5

【2016/09/21(水)】   (根室〜小清水)

 

さて、

 

初めて根室で快晴の朝を迎え、

 

 

どうしても行きたかったのが"花咲岬"である。

 

今まで何回か来ているのだが、
霧で全く見えない、傘とカッパを着て行ったものの波が高くて危険等々。
今回やっと念願叶ったと言う感じだ。

 

 

花咲岬には荒々しい岩礁があり、波が場合に寄っては遊歩道まで
水しぶきが飛んでくる。

 

広く点在する石を"ホイールストーン"と呼ばれるているらしいが
国の天然記念物にも指定されている車石である。

 

 

日本の灯台50選にも選ばれている花咲灯台。

 

 

知床峠も天気が良さそうなので久しぶりに羅臼側から行ってみる事にする。

 

その前に別海の"新酪農村展望台"へ。

 

 

この展望台は標識がほとんどなく国道や道道にも面していないので地図だけで

たどり着くのはかなり難しい。

 

何しろ同じ様な景色が広範囲にあると言う事と周りの木々に邪魔されてすぐ

そばまで行かないと展望台も見えないのであらかじめ場所を知っていないと

かなり迷うと思われる。
今回で3回目だがやはり迷った。

 

初めて来た時はバイクツーリング雑誌"北海道0円マップ"と地元の方に聞いて

やっと辿りついたと言う感じだ。

 

 

廃線となった標津線の奥行臼駅。

 

 

客車と牧場からミルク缶を出荷する為の貨車。

数年前に来た時は錆びだらけであったが、綺麗に塗装されていた。

 


 

羅臼にて昼を食す。
羅臼も今まで何度か来たことがあるが昼食は当時騒がれた"純の番屋"に何度か行ったが、
焼き魚、煮魚定食は個人的に味付けが合わないので(味が濃いめでちよっとしょっぱすぎる・・・)
今回も道の駅内の知床食堂へ向かう。
イクラ&サーモン&焼き鮭のいくら親子丼、妻は刺身定食を。

 

 

自分の場合、寿司や刺身は醤油をたっぷり付ける方では無いので

物足りない人もいるかも知れないが焼き鮭とイクラこれが絶妙な味付けで好みの味。

 

羅臼の港を展望台から眺め、知床峠は雲がかかっているのでお馴染みの写真を

撮れるか不安だったが・・・・・。

 

 

雲の動きを見ながら待機しこれ以上待っても無理かな?とすかさず撮影。

 

 

オシンコシンの滝に立ち寄り、P泊地小清水に向かう。

 

 

途中、毎年お世話になっている来運に立ち寄り給水。

 

 

小清水に到着し温泉に向かう前にスーパーに寄った。

毎回"小清水温泉ふれあいセンター"に行くのだがレジに置いてあったパンフが目に入り

"水曜定休"の文字。

 

店の人が営業している場合もありますよ。

との事だったので電話してみたらやはり休みとの事だ。

 

温泉はP泊地に向かう途中に"温泉"の看板を見かけたら入ってしまうか、P泊地周辺で

2〜3箇所ピックアップしているのでさして影響は無いのだが初めて行く温泉へ行ってみた。


濤沸湖 沿いを走っていると、案内看板も掲げられているのだが走っても温泉らしき施設が

見当たらない。
18時過ぎとは言え既に周囲は真っ暗で灯りを求めて行ってみると、民家だったり、

もしかしてあれか?と言う建物があったので行ってみたら温泉施設と言うかやはり民家?

よく見えないので降りて見に行ったら一瞬眼を疑ったのだが間違えなく"原生亭温泉"の文字。

 

中に入ると80過ぎのお爺さんが出てきて入浴料2人分600円を支払い昭和の臭いプンプンの

ロビーと言うか待合室。
茶箪笥は子供の頃、実家にあった物と同じだったので思わず写真を撮ってしまった。

 

 

もちろん客も誰もいない。5人も入れいっぱいではないか?と言う浴室。
建物は古いが脱衣所や浴室は古いなりにかなり整理整頓掃除をしているのがわかる。
きっとお爺さんが毎日キレイにしているのだろう。
で、入ってみると"すばらしい"のひとこと。
温泉に関しては無知だがその湯質に関しては素人のオイラでもはっきりわかるほど。

 

何となく得した気分で外で涼んでいると客が続々とやってくる。
夕飯を食べながらスマホで調べてみると地元住民はもちろん温泉マニアにもかなり有名らしい。

 

足寄温泉と同じ様に建物はお世辞にもキレイとは言えないが

地元住民や温泉マニアに愛されている温泉は小清水町濤沸湖畔に佇んでいる。

 

温泉民宿「原生亭」

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

道の駅・・・はなやか小清水

 

温泉・・・原生亭

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ  おだいどう/知床・らうす/うとろ・シリエトク

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.4

【2016/09/20(火)】  (釧路〜根室) 

 

さて、

 

前日の夜、天気予報を見ながらどこに向かうか?
釧路まで来たので"根室"が思いあたるのだが
過去に4〜5回来たが、まず天気に恵まれたことが無く

雨か曇り、もしくは霧。
なので、根室は"霧の町"という印象がある。
今回は"曇り時々晴"だったので期待して根室に
向かう事にした。

 

"阿寒丹頂の里"を出発し最初に向かったのが"涙岬"。

駐車場から往復1時間程なのでキュートの散歩に丁度よい。

 

 

久しぶりに"琵琶瀬展望台"に立ち寄ってみた。

 

 

琵琶瀬展望台は前方は広大な霧多布湿原の中を琵琶瀬川が蛇行す景色、
振り返ると大平洋の景観。海岸側を見ると窓岩が望める。

 

 

 

この窓岩は奇岩のひとつで何年か前までは二つの窓がありメガネのような

形をしていたらしいが10年前の大地震により、片側が崩れてしまったそうだ。

 

 

アゼチの岬へ行ってみる。岬へと続く道。

 

 

●アゼチの岬

 

●きりたっぷ岬

 

 

霧多布半島と言えば"きりたっぷ岬"が有名だが、きりたっぷ岬は半島の東端。

西の端に"アゼチの岬"がある。アゼチの岬は今回初めて訪れた。

 

この日は何ヵ所かの岬の往復でキュートも散歩に満足したようだったのだが

岬展望台の方に広場があるのでガス抜きに。

 

 

数か所の岬先端までの往復でかなり汗もかき根室には、銭湯しかないので

ちょっと時間は早かったのだが温泉に入り根室に向かう。

 

 

初めて根室で天気に恵まれ、夕方ではあったが晴れた"風蓮湖"を12年目にして初めてみたと思う。

根室に着いてから洗濯と乾燥中に、ランディに虫の死骸が酷かったので洗車。

 

 

この日のP泊地はV社車3台。

4日目から前夜に行く所を考えているので、地図と天気を確認しながらスケジュールを

立て就寝。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

駐車場泊・・・明治公園駐車場

 

温泉・・・・霧多布温泉ゆうゆ

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ  厚岸グルメパーク/スワン44ねむろ 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.3

【2016/09/19(月)】  (新冠〜釧路) 

 

さて、

 

前日の夕方から降り出した雨もすっかり上がり快晴の朝。

 

 

サラブレット銀座周辺を周遊し、駐車公園からは
サラブレット牧場のパノラマを眺める事ができる。

 

 

黄金道路からえりも岬に向かう。誰でも知っている場所なので
特に説明は無しとします。

 

 

えりもから豊頃の湧洞湖展望台に向かう途中に、

"フンベの滝"がある。

岩肌全体の隙間から滲みだす様に降り注いでいる。

 

 

湧洞湖は"湖"と思ったのだが海が埋め残された海跡湖だそうだ。

 

 

 


周辺にはまだまだ手つかずの自然環境が残っており、
特に駐車場も整備されている訳でもなく、
小高い丘の上にある展望台まで木製階段を登ると
湧洞湖を展望する事ができる。

 

 

ランディを停めた所でキュートのガス抜き。

 

 

浦幌の昆布刈石展望台は太平洋を見下ろす展望台で
前回の地球岬同様、地球は球体だということを、
あらためて感じさせてくれる。

 

 

但し、展望台まで行くには未舗装でカーブの続く急坂な上、
深ジャリの部分が所々にあるのでキャブコンは注意が必要だ。

 

 

最終立寄地は"恋問海岸"
道の駅「しらぬか恋問」の裏の海岸が恋問海岸だ。
すぐ隣には恋問自然観察公園(湿原地)があり、
探勝木道も整備されているのだが犬連れOKかは不明。

 

 

本日のP泊地は道の駅"阿寒丹頂の里"
10年前もP泊したのだが、サークルハウス"赤いベレー"が
隣接しており温泉とレストランが完備されている。
入浴後、店員さんに呼び止められ"じゃがいも"を2箱も
おみやげとしていただき、その後レストランで、
阿寒ポークチャップ、妻はザンギ定食を食す。

 

 

思いのほかザンギ定食はボリューム満点で、
こうなる訳ですよ(笑)

 

 

この頃から例年通り体重増加デブ街道まっしぐらの筆者。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

道の駅・・・阿寒丹頂の里

 

温泉・・・赤いベレー

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ  みついし/しらぬか恋問

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.2

【2016/09/18(日)】 (函館フェリーターミナル〜新冠)

 

さて、

 

函館の朝は快晴だったのだが道内はすっきりしない天気で

天気予報を見て、道南太平洋側を走る。

 

 

八雲の町の"ヤクモ飲料"の工場入り口に自然湧水の

水汲み場があり給水。

 

 

ヤクモ飲料からほど近い八雲の公園でキュートのガズ抜き。

 

 

少し早めの昼食は3年越しで一度は行ってみたいと思っていた、

伊達市にある噂の"そば順"さんで"たこ天丼"と"田舎そば"を食す。

たこ天は味わいが深く、蕎麦は歯ごたえもよくコシもあってとても美味い。

 

 

腹も十分満たされ、次に向かったのが白鳥大橋を渡り室蘭の祝津公園展望台へ。

室蘭岳を背景に白鳥大橋が望める。この展望台は夜景スポットとして有名。

 

 

祝津公園展望台からほど近い"地球岬"へ。

宗谷岬、中標津の開陽台と共に地球が丸く見える景勝地として有名。

 

 

夕方になると、雨が降り出し温泉へ向かう。この旅ではパンツも貴重品ロッカーへ 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

温泉・・・新冠温泉レ・コードの湯

 

道の駅・・・サラブレットロード新冠(駐車場泊)

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ とようら/みたら室蘭

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ2016〜蘇る記憶〜Vol.1

【2016/09/16(金)〜17(土)】  (東京〜青森フェリーターミナル〜函館フェリーターミナル)

 

さて、

 

今年の北海道は未曾有の台風被害により、十勝方面は見送る事にした。

そんな中でも不謹慎かもしれないが、

北海道にかけた期待は高すぎるほどであったのにもかかわらず、

見事にその期待に応えてくれた。

出発前までいろいろと悩みルートも一度は作成したものの、

最終的には自分の頭の中で"こんな感じで"と思い描き、

例年通り道内では高速は利用しない、18時以降は移動しないを条件の基、

前日にラフな工程表を作成し出発した。

 

仕事が終わり帰宅後、用を済ませ16日(金)の夜出発。

外環道〜東北道をひたすら走り続け、休憩&仮眠を取り、翌日17日(土)

11時半に青森フェリーターミナルに到着。

 

 

乗船手続きを済ませ、14:20出港のブルードルフィンに乗り込む。

ブルードルフィンは大型犬のドッグルーム非対応のためキュートは

車内待機となる。

毎回、青森からの渡道の際は個室を予約するので、

乗船早々シャワーを浴び、

日々夜更かし気味のオイラは渡道一週間前から早寝するものの

函館フェリーターミナルに到着するまで爆睡。

 

 

定刻通り18時に函館FTに接岸し、ランディに戻るとキュートも

熟睡しきった様で快適だった様子。

 

 

エアコンを26℃に設定し満充電状態から約4時間稼働し55Ah消費。

函館は雨。下船後、今年は"函太郎"は見送り、

そのままベイエリアにある"まるかつ水産"に向かう。

 

 

1年ぶりに函館の旬のネタの寿司をタラ腹食し、

函館FTの宿泊駐車場で翌日の天気と進路を模索し就寝となった。

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

駐車場泊・・・函館FT宿泊駐車場 

 

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 


北の国へ 2016夏 〜our commemorative 11th〜 Vol.3

さて、

 

現在、北海道は地域によって大変な事になっているのは

充分承知しているのだが、今月中旬から渡道する予定である。

 

当初、今年は特にプランも決めず行こうと思ったのだが、

厳しそうな状況なので例年通り3プラン作成し、

狩勝峠、日勝峠の通行止めが続いているので今年は十勝方面は

見送る事にした。

 

毎晩、ココでチェックしている。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓すばらしいキャンピングカーがたくさんあります。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

NINJA Tools

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM