傷だらけの天使。

さて、

 

1970年代を代表する伝説のテレビドラマといえば
「傷だらけの天使」
確か小学校の低学年だっと思う。
 
トマトや魚肉ソーセージ、コンビーフなどを頬張り、
牛乳ビンの蓋を口で開けて飲むオープニングシーンは
子供ながらに衝撃を受けた事を記憶している。

 

今日は打ち合わせで代々木に行ってきた。

その帰りに、久しぶりにとあるビルの前で足を止めた。
代々木駅前の古びた雑居ビル。

 

代々木会館。

 

 

このビルの屋上のペントハウスに
おさむ&あきらが住んでいたのだ。
(ショーケンと水谷豊)

 

上の方の階は既に空室の様だが
3階までは今でも店が入っている様だ。

 

屋上のペントハウスは今も残っているのか?

よっぽど、斜め向かいのビルに上がって
見ようと思ったが止めといた。

でもこういうビルはいつまでも
残っててほしいと願う。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 


コメント
私の携帯の着メロは、ずーっと「傷だらけの天使」です。
私は、高校生でしたが、みんなで新聞紙を胸に挟んでトマトを食べた思い出があります。
先日、BSで再放送してましたが、さすがに今の時代では、作れないドラマでしょう。
大野克美の音楽が最高でしたね。
  • TheNonky
  • 2017/04/15 7:47 AM
●TheNonkyさん

ネットで調べたらペントハウスは無くなっているみたいです。
ハウス続く階段は昔のまま残っているみたいですが、
今でもファンが訪れるそうですが屋上へは行けないみたいです。
  • 亀萬
  • 2017/04/16 12:32 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM