ランディのタイヤ交換今度はどのメーカーにするか?侮れないアジアンタイヤ。

さて、

 

スノーシーズンも終わりサマータイヤに交換するのだが、
ランディ納車後”3シーズン”履いたので今度の履き換えは
新規購入となる。

 

どのメーカーにするか悩んでいるのだが、
クレソン時代から、


"ブリジストン"

"ダンロップ"

"ファルケン"

ダンロップとファルケンは住友ゴムだが3社装着した。

 

残る国産は"横浜タイヤ""トーヨータイヤ"になるのだが、

 

ブロ友さんのK-Gさんの記事を読んで気にもしていなかったのだが、

"アジアンタイヤ"

 

たまたま職場でタイヤの話になった時、

アジアンタイヤの事を聞いてみたら車イジリの好きな同僚が、

熱く語ってくれた。

 

"キャンピングカーにはわからないが"と前置きした上で、

 

現在、やはり"アジアンタイヤは侮れない"との事だ。

 

ハンコックタイヤ(韓国)は元々はブリジストン系列で現在は横浜ゴムと

技術提携しており、

メルセデスも純正採用した他、

BMW、アウディのドイツ3大自動車メーカーに供給し最近はポルシェも

導入し始めたそうだ。

 

もちろん日本でも、日産、三菱、トヨタの一部の車種に純正採用され

世界シェア率も横浜、トーヨータイヤを抜いたとのこと。

 

今まで、世界的なタイヤ市場は

"ブリヂストン、ミシュラン、グッドイヤー"の3社で60%近くのシェアがあったそうだが

現在は40%まで落ち込み、ハンコック、ナンカン等のアジアンタイヤが

急上昇しこの躍進は技術力が検証され高性能タイヤとして世界からも注目されているとの事だ。

韓国、台湾出張する事があるのだが、

毎回現地での移動は同じ方で個人タクシーを使うのだが

日本のタクシーより韓国のタクシーの方が個人的には好みの乗心地。

 

今回ランディに履かせるタイヤは何にするか?

 

"ミシュラン"のサイト見ていたら、

"キャンピングカーへの装着は推奨しておりません"

と書かれているので、ちょっと辞めておこうかな・・・。

という感じ。

 

"ブリジストン"

強靭なタイヤとしてカムロードに装着している傾向が高いのだが

やはり自分はクレソンの時に、左後輪を"バースト"

スペアタイヤ交換後、今度は右後輪がバーストした経験があるので

どうしてもブリジストンの装着順位が下がってきてしまう。

 

今回は別メーカーも試してみたいので今の所、YOKOHAMAかな?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


コメント
道南に住んでる私はず〜っとハンコックです。その代わりに乗用車ですが3シーズンで買い替えています。
現役時代に営業で月に3000劼曚描っていた時は2シーズンで替えていました。
重いキャンカーなら2シーズンで替えても、値段と安全性を考えると!……20数年も前から付き合いのある部品屋さんのうけうりです。
ちなみに制動距離が格段に差が付くという某タイヤメーカーのPRは新品比較だそうです。
1シーズン過ぎたらそうはいかないようです。
それならこまめな買い替えの方が安全かと。
ブレーキの効き目はタイヤの減り具合よりも経年劣化(硬化)だとか!
それに加えてタイヤの溝の角が丸くなるからとのうわさ!
  • aomori.n
  • 2018/03/14 3:30 PM
●aomori.nさん

結構、身近にハンコック履いている人がいます。
国産と変わらないと言っていました。
ハンコックジャパンに今度、色々質問してみようと
思っています。
  • 亀萬
  • 2018/03/17 12:25 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories


Insta digest

recent comment

        

selected entries

        

archives

links

メールフォーム

profile

        

PV

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM